スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナマズ釣りに関する一考察
お疲れ様です。ニシハラです。

くそぅ、今晩からシイラ狙いでカヤック出そうかと思ってたんですが
天気が悪いからあきらめました。
仕方ないからブログ書きます。

で、唐突ですがゴールデンウィークあたりからナマズ釣りばっかりしてました。
シイラ用に新しいタックルを揃えたので、ちょっと川まで投げに行こうかと思ったのが始まりだったんですが
思いのほか簡単に迫力のあるアタックを見せてくれるのではまってしまった感じです。


最初の目的はシイラ狙いのリハビリのためだったので
タックルはこの2セットを気分で使い分けてました。

ロッド:ダイコー ヘミングウェイ HWC-70L 
リール:ダイワ シーゲートライト 3500H
ライン:YGK G-soulSS 2号

ロッド:ダイワ ソルティガドラド TWITCH 60S
リール:ダイワ セルテート 3012H
ライン:YGK G-soulSS 2号


世間ではルアーでのナマズ釣りというとベイトリールを使うことがほとんどみたいですが
特にベイトにこだわらないのであれば個人的にオフショアキャスティングロッドを使っての
スピニングタックルと相性がいいと思うんです。バックラッシュもないし・・・・。
つーか、オフショアにおけるキャスティングゲームではスピニングが基本(ドヤァ


とりあえず
通ってた場所はこんな感じのロケーション





日が沈むとこんな感じ



今の時期は空を見上げれば北斗七星、水面に視線を落とせばホタルが舞っている
そんなルアーを投げて巻いているだけでも満足できるような最高の環境


通勤途中にあって、足場が良くて、水量も多くかったのがここを選んだ理由ですが・・・。
移動時はタックルを常備しておいて、
この場所の横を通る時は絶対に、そう絶対に「最低15分か一匹釣るまで釣りをする」ことを
GW明けからのマイルールに設定して生活してました。
なので、この一ヶ月ちょっとは残業だろうと、頭痛がしようと、雨が降ろうとほとんど毎日釣りしてました。


短い期間なので、たいしたことはわからなかった上に、
シイラ用タックルだったんで、ナマズ相手だとゴリ巻き瞬殺状態だったので
欠ける主にルアー選択とチューンについてですが・・・。

まず、使ったルアーですが、覚えているものを列記していくと
ビッグバド、ジッターバグ(3/8、5/8)、ジョイントジッターバグ(3/8、5/8)
クレイジークーロラー、カズラ、バジェット、ノッキングペッパー
ナマズクローラー、デカダンストーイ、ガンディーニ

こんな感じだったと思います。

が、どれを使ってもそれなりにナマズのアタックはありました。
それなりの速度で、水面をかき混ぜながら動いていればなんでいいようです。
結局、問題はフッキングの悪さです。


ナマズ釣りをはじめた当初は、まったくスレていなかったので
ボッコボコ、バッフバフとルアーに出まくっていたんですが
10回アタックがあって、やっと一匹釣れるような状況でした。

その中で、わずかながらフッキングが良かったのがジョイントジタバグでした。

そんな感じで、色々いじってたんですが
とりあえず、これが現時点での俺的ナマズ用ベストルアーです。




5/8ozジョンテッドジッターバグの前半と水中浮きを合体させたやつです。
見た目最悪ですが、これを投げるようになってから、使う前より軽く3倍以上は釣れるようになってます。

ポイントとしては
ジョイントの前半はできるだけ、軽くすること
後半部分ははじかれないよう小さめにして比重を重めにすること(画像のは水中浮きを使用)
フックサイズもできるだけ下げること
自分の好みの巻き速度、角度で一番動くようにカップを調整すること
くらいでしょうか?

リアフックのシャンク部分に糸オモリを巻きつけても同じような効果があると思って試したんですが
あまり良い結果は出なかったです。
何が良いのかわかりませんが、画像のルアーはとりあえずやたら釣れます。

それと画像のはカラーが普通ですが、今使ってるのは視認性だけを考えてボディを蛍光色に
リペイントしてます。

大場所を流す時はフロントフックを小さめのブレードに変えたいので
一応、フロントフックをつけてますが、割り切ってヒートンごと取り去っても良いと思います。

あ、ジタバグみたいなルアーのフロントフックの位置にブレードをつけたり
ラトルを追加するのは定番チューンみたいですが、スレるのが早いというか、
ナマズが足元まで追ってきた後に、次のキャストで再度アタックする率があきらかに低くなるので
僕の通ってたような小場所では使わない方が良いと感じました。
反面、寄せの強さと勝負の早さは間違いなく上がるので使い方次第だとは思います。


もう一つの定番チューンであるケミチューン
夜釣りの場合ケミホタルを付けると、漆黒の闇を切り裂く曳光弾!的なかっこよさがあって
僕も大好きですが
動きが悪くなるのでつけないほうがベターだとも思います。
どうしても必要な時にはケミホタル装着用のルアーを用意する方が無難です。


なんにしても5/8ozのジョイントジタバグだけ投げてればいいんですよ。

画像の形ができてからほとんどこれと似たルアーしか投げてないですが
デカダンスとガンディーニは良く動いて楽しいので気が向いたら使ってます。
特にデカダンスは足場が高い場所でよく動くので重宝してます。


まあそんな感じです。






スポンサーサイト
Copyright © 猪課長. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。