スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どもです、お久しぶりですニシハラです。

いやー、ここ2週間ほど残念な出来事が重なったおかげで
病んでました。精神的にも、肉体的にも。

でもついに明日、長年温めていた計画がやっと始動というか動き出しそうなので
テンションが上がってます、興奮で寝れねぇよ。
というわけで、一気に残念な近況でも書いてしまおう。


 それは、未知の感覚への恐怖であった。

ありがたいことにいままで30年近く生きてきたなかで、
僕は一度として骨折をしたことがなかった。

ひび、脱臼、捻挫は幾度となく経験したが折れたということはなかった。
なにより丈夫な身体を与えてくれた両親に感謝するべきであろうし、
骨の一本も折ることのない安穏な生活を送ってきた証拠なのかもしれないが。

それはそうとして、物理的に骨が折れるということ。
そしてそれに確実に付随するであろう痛みに対して、昔から僕は恐怖を抱いていた。
畏怖と言ってもいいかもしれない。
それほどに「骨折」に対して特別な感情を抱いていた。


 
 骨の折れる音を聞いた。

目前に迫りくる出荷のタイムリミットに圧され
焦りながらハンドドリルで6ミリの鉄板に19ミリの穴を開けようとするその最中
穴の終端付近で、鉄板に引っかかったドリルに内蔵された電動機のパワーは
凶暴なまでにトルクで僕の右手に集中し、第4中手骨を破壊した。


レントゲンで見ると一目瞭然





こんな感じ。
いまだにタッチタイプもままならない。でもまだ大丈夫。



  今期のボールパイソンのブリードが相当にヤバイ。

まずはこの画像をご覧いただきたい。




そう。スラッグを産んだんだ・・・・。
しかも全部スラッグだったんだよ・・・・・。

スラッグが出たってだけなら、まあ日常茶飯事というか
繁殖してると一定確率で出ちゃうよねって感じなんですが
この個体、以前の日記にも書いた、疑惑のスーパーパステルゴーストと交配させたゴーストなんですよ・・・。
まったく検証できてねー。

それだけならまだしも。
僕の経験ではこの個体の感じだと、もしスラッグが混じったとしても
いくつかは正常な卵も産むと予想してたんですよね・・・・。
それだけに全スラはショックがデカイ・・・・。


なにより絶望的なことに、今の段階で卵を産みそうな個体が・・・まさかのゼロ。
4月も半ばを過ぎたこの段階でリアルに皆無なわけですよ。

30匹くらいのメスをペアリングさせてるのにゼロって・・・・・。
70匹以上飼育してるのに繁殖もできないブリーダーって・・・。
30代目前なのに、大人になれないに男の人って・・・・・。

どうでもいいけど。
スポンサーサイト
Copyright © 猪課長. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。