スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月24日 単独猟
お疲れ様です。

こないだの猟日記です。

寝坊して猟場に着いたのは9時過ぎでした。
猟期前よりは少し食み跡は減っている。が、さすがは猪豚。新しい跡がたくさんある。
とりあえず、よく行く山の林道奥から三頭全て放犬。
そのまま山の背に上がろうとする間に、すぐ近くで銀次郎の軽い追い鳴きがしたかと思うと一気に山の反対面まで犬の足が伸びる。
500mほど離れたところで、そのまま犬を追うことを諦め、車に戻り犬の近くまで車で移動。
いつもと同じく逃げられた様子の勘太郎とジョーを回収。道路上に降りてました…
特に勘太郎は最近、道路を行くと楽なことに気づいたのか、獲物への集中が切れると道路に出ることが多い気がする…

その後、放犬した場所に戻っていた銀次郎も回収。

そのまま南下しながら猪の新しい跡がある場所の近くの林を三カ所ほど単犬、二頭でやってみるもいずれも不発。

最後に、いつも山の上から犬を放す場所で山裾の食み跡から犬を入れてみようと試みる。
裾の藪を漕ぎながら山に入ろうと苦労していると、藪が終わる直前で足元でウロウロしていた犬達が先に藪を抜けて山を上がり始めた。
直後に、勘太郎が起こし鳴き。
続いて銀次郎も少し激しく鳴き始める。
焦って藪を抜けてGPSを見ると距離は30mほど。

これはほんとに獲れたかもわからんね。
けど、ケータイ車に置いてきたから記念撮影とか、動画撮影できないじゃん…やっべー、これもったいないことしたわー。
とか考えていると、犬の鳴き声が遠ざかる…
70mほど離れたところで完全に見失ったらしく犬たちが足元に帰ってきた。
それでおしまい。

猪豚狙いで一度も姿見れなかったのははじめてかもしれない。
つらし…





スポンサーサイト
Copyright © 猪課長. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。