スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月15日 単独
お疲れ様です。

先日、単独猟専門の先輩と話をする機会があり、その際
咬み止めでの単独猟は一発勝負だから、猪の所在をしっかり把握するまで犬を放すのは我慢した方が良い。
なんなら「納得いかない時は犬を放さずに帰ることすらある」
という言葉を頂きシビれてしまったわけで…
今後は現場に着いてすぐに山に犬を入れたくなる気持ちを自制しよう、とかそんな感じ。

で久々に単独で行って来ました。

現場に着いたのは9時過ぎ。
跡見をしっかりしようと心掛け、1時間半ほど新しい食み跡を探そうと動き回って見たものの、なかなか良い跡が無くて困りました。
とりあえず、新しい跡はあったんですがなんだか微妙だったのでそこは保留して
他を探しまわると、さらに二箇所、山裾に新しい跡を見つけたのでやりやすそうな方の食み跡から犬を掛けることにしました。

1ラウンド目

ボッコボコでさらに真新しい食み跡だったので、二頭で使う予定を変更して三頭全犬投入。

食み跡まで犬を繋いで引いていき、猪が山に引いている方向に誘導しながら放犬。
三頭揃って、谷と林道と急斜面に挟まれた、なんだか猪が逃げにくそうな場所に向けて足が伸びる。
100mも離れないうちに、数頭の犬でのすこし激しい起こし鳴き。

キタコレ!

起こした場所、タイミング、犬の掛かり方。
ほぼパーフェクトなんじゃね?あっさり獲れたんじゃね?と興奮しながらしばらく様子を伺っていると、
どうやら止めれずに猪を追っている模様…

鳴き声から、こっちに来そうだったので通りそうな場所を探して待ちに入ろうかと一瞬悩んだものの、そのうち何処かで止めるだろうとすぐに寄れるように車に戻ることに。


残念ながらジョーと銀次郎はそのまま山の先端まで追って行き、そこで見失った様子。
ジョーは用水路で身体を冷やしているところを捕獲、銀次郎は呼べば山裾の畑までおりてきた。

勘太郎は別の獲物について行ったものの途中で捨てて帰ってきた。
放犬から30分ほどで全犬回収。


2ラウンド目

もう一箇所、目を付けていた場所は
山の上から犬を掛けようと林道を上がると、山頂付近に明らかに猟師の軽トラが止まっている…
そして、すぐそばでおっさんが鉄砲を持って待ちに入っている…
話を伺うと、今日は地元の猟隊で山をぐるっと巻いているらしい…
仕方ないので、以前から気になっていた急斜面になっている場所を見に行くことにする。

以前来た時と同じように何カ所も食み跡があったので、とりあえず一番高い場所から比較的戻りの良い勘太郎と銀次郎の二匹を入れてみる。
しばらく足が伸びなかったが、少し山を歩いて食み跡をハシゴしていると
急に二頭そろって200mほど足が伸びる。
起こし鳴きはないものの、動きを見ると迷い無く伸びていくので何かの臭いにのっているようだ。
車に戻り山を下り先回りしていると、追跡出来なくなったのか犬の動きがグダグダになって戻り出したので呼び込んで両方とも回収。

残り時間も少なくなった来たので、保留にしていた場所をジョーと銀次郎で追ってから帰宅することにする。

3ラウンド目
時間も無いし深く考えずに
とりあえず、山裾にある竹藪の新しい食み跡から犬を放す。

竹藪を歩いても、思ったより犬の足が伸びないので竹藪を抜けて斜面を登り始める。
途端にすぐ近くの竹藪で激しい鳴き声がしたかと思うと
バキバキッと竹林の中で激しく絡む音。
犬までの距離を確認すると100mほど先で止めているようだ。
歩きにくい竹藪の中を焦って近づいていく。

寄っていくと竹藪の少し開けた場所でやりあっている!
ジョーは左後脚を噛み込んでいるが、銀次郎は猪の鼻先を噛んだり放したりしていてロックしきれていない。
このままでは、安全に撃てそうにはないので
めっちゃ怖いけど刺すことにする。

とりあえず銃を置いて、猪の足を掴もうか。
いや、その前にこの迫力のある状況をムービーに撮ろう!
そんなヨコシマな考えが頭をよぎる…
ここぞとばかりにケータイを取り出して
撮影を始める、と同時に猪が犬を振り切って逃走…
犬はすぐに追いかける。
僕もすぐ追いかける。が、地面に置いたはずの鉄砲をすぐに見つけられず、めっちゃ出遅れる…
目の前に置いてある鉄砲に気付かないんだから…

そんなこんなで、200mほど先で犬が追いついて、道路脇の藪の中で咬み止めてるところに寄って行って、犬に当たらないように猪の脇腹に銃口をほとんど付けて撃って終了。





道路の近くまで走って来てくれたおかげで一人でもすぐに引き出せました。
結果的に良かった。




そんな感じでした。









スポンサーサイト
Copyright © 猪課長. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。